ガジェット

satechiの半額以下? おすすめできるmacのUSBハブ「Excutyの USBハブ」の購入とレビュー、詳細

 

macbookやmacbook proを家で扱う時の
必需品ってなんだと思いますか?

ワイヤレスキーボード?ワイヤレスマウス?
いえいえ、USBポートです。

前提として、macbookは
数年前からUSBポートをUSB type-C(以降typeC, 写真右)のみにしているため、
USB 3.0(以降USB, 写真左)やsdカード、
外部ディスプレイに映像や音を飛ばすHDMIケーブルなどを接続することができません。

compare usb 3.0 to type-c

そこで、役に立つのが、USBハブです。

↓こういうやつです。
macのUSBハブといえばおなじみのsatech社のUSBハブ

macbookでUSBハブを使う利点

USBハブを使うことで、充電が楽に

自宅などで、macに外部ディスプレイを繋いでいる場合、
持ち運ぶ際に充電ケーブルと映像出力用HDMI(もしくはtypeC)ケーブルの
合計2本をMacから挿したり抜いたりする必要があります。

これをUSBハブに一本化することで、
持ち運ぶ際に抜き差しの手間が減るため
QOL(生活の質)が上がります。

マジです

購入前(HDMIケーブルと電源供給用のtypeCを左右に刺している)

hdmi and USB with mac

USBハブ購入後(USBハブにより、一本化)

USB-hub with mac

シンプル…っ!!

 

たったこれだけに見えますが、
日々行うルーティンの作業を確実に少なくすることができますし、
それに加え、片側にケーブルが集中することで、美しくデスクを保つことができます

ワイヤレスで接続するマウスやキーボードが使いやすい

ワイヤレス機器は、端子の必要ないBluetoothで接続しているものも多いですが、
より安定した接続のために、USBの端子を用いるものも
いまだに、かなりあります。

このワイヤレスマウスとか

このワイヤレスキーボードとか。

こう言った周辺機器で評判が良いロジクール社製のものは
大抵、Unifyingという技術を使っているのでUSB端子の子機が必要です。

こういうやつですね
logicool usb Unifying

 

そのため、2016年以降のmacbookには、USB端子が付いていないので
称することができませんが、

USBハブを用いることで、
typeCに対応しながら、USBにも対応でき
さらに、電源の供給や映像出力も一本化できます。

1つ持っておくだけで
幅広い商品に対応することが出来るので、必需品というわけですね。

macに接続するUSBハブに欲しい機能とは?

USBハブと言っても多々あるので、私がUSBハブに求める条件は

  • USB 3.0が2つ以上付いている
  • 電源供給のためのPD(PowerDelivery)対応。(できれば60-100W以上)
  • HDMI出力つき
  • あまり発熱しない

あとは、優先度は下がりますが、
カメラで撮った写真を渡すので、SDカードスロットなんかあるといいですね。

この求める条件について補足しておきます。

USBは絶対に3.0対応

安いUSBハブを購入してしまうと、よくあるのが、
対応しているUSBのポートが2.0以下の場合です。

見た目は、3.0の方が青いだけですが、
転送速度が圧倒的に異なりますし、
あとで性能の良い周辺機器を購入して繋いだ場合に、

USBハブの方が性能の悪く、結局購入し直す未来が見えます。
今更、USB3.0に対応していないUSBハブを購入する価値はないでしょう。

急速充電のできるPD対応のUSBハブがベター

PD(Power Delivery)については、
以前の記事でも紹介しましたが、一言で言うと
USB typeCの性能をフルに生かすことで、PCへの給電ができるものです。

これを生かし、モバイルバッテリーなのに
スマホにもPCにも、充電できるものが発売された時は
衝撃でしたね。

PCも充電できる優れものモバイルバッテリー「PowerCore Speed 20000 PD」

そんなPDに対応したUSBハブも数多く出ているので
そちらを購入しましょう。

対応していないUSBハブの場合は、
繋いでいるのに、PCのバッテリーが減りもしないし、増えもしない
そのため、持ち運ぼうとすると、バッテリーが0と言うことにもなりかねません。

最大の落とし穴。発熱しない

 

そして、ここが最大のキモです。
機能を集約させているUSBハブは、モノによりますが

めちゃくちゃ発熱します。

 

これ煙出るんじゃない?!ってくらい発熱する奴もいて、
購入前に、そんな地雷USBハブを見分ける方法はありません。

レビューで判断するしかありません。

怖いですね。なので、基本的にはsatechiのような
有名ブランドのものを買う人がほとんどだと思います。

 

ですが、
satechiは、高い!

と言うわけで、あえて冒険してUSBタブを購入してみました

Excutyの USBハブ

今回購入したのはこちら

ExcutyのUSBハブの機能

機能については、以下の画像がよくまとめられてます。

  • USB 3.0ポート x2
  • 4K対応 HDMI
  • PD対応のtypeC ポート(100W)
  • typeCポート
  • SDカードスロット
  • MicroSDスロット
Excuty usb-hub mac

スペック上は、求めているところを満たしていますね!
satechiの製品と比べても、半額以下。

つけた見た目も、macbookがシルバーで
USBハブがグレーなため、色味の違いはあるものの、
高級感や材質はGood!

高さのズレや、各ポートにケーブルが刺しにくい
なんてこともありませんでした。

そして一番心配していた発熱ですが、

そこまで熱くならない!!

つまり、何が言いたいかと言うと

総評、「Excutyの USBハブ」は

神!買ってよかった!!

【結論】ExcutyのUSBハブは、神USBハブだった!

ExcutyのUSBハブ」は

  1. USBハブを使うことで、macboookの充電やワイヤレス機器が使いやすくなるので、もはや必需品レベル
  2. 今回レビューした、ExcutyのUSBハブは、satechiの半額以下!
  3. PCに給電可能なPD(100W)にも対応
  4. もちろんUSB 3.0ポート付き
  5. そして、何より異常な発熱を起こさない!(最重要)

と言うわけで、控えめに
神コスパなUSBハブでした。

レビューが少なくて心配している方。
ここにいち早く購入し、人柱になったのが1名いますので
安心して購入してください。 笑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です