Anker

PowerIQとQuickChargeの違いとは?大人気Anker(アンカー)の技術まとめ

Anker Powerdelivery QuickCharge PowerIQ

 

モバイルバッテリーで最も売れているメーカー
Anker(アンカー)には、当然売れるだけの理由があります。

デザインが抜群によく
iPhoneにマッチしているという点も
もちろんあるのですが、

それだけではなく
優れた技術がてんこ盛りなのです。

モバイルバッテリーを選ぶ際に
知ると知らないでは大違いですので

さくっと
見ていきましょう。

Ankerの技術① PowerIQ 1.0とは

 

各USBポートに接続された機器を自動的に検知し、
その機器に適した最大のスピードで
急速充電を行う
ことを可能とする技術です。

正式にはPowerIQですが、
便宜上、PowerIQ 1.0と呼ぶことにします。

このPowerIQ 1.0ですが
Anker社の製品では
もはや標準装備になってます。

iPhoneやAndroidなどスマホにより
充電可能な電圧と電流が決まっています。

例えば
5V/1A=5W
5V/2A=10W
5V/2.4A=12Wなどです。

このPowerIQ 1.0では、最高出力は5V/2.4Aの12Wまで
対応しているため、iPhoneであれば、十分ですね。
(iPhoneは、急速充電に対応していないため5V/2Aが上限値です)

デメリットとしては、PowerIQ 1.0では、
Android製のスマホは、より高圧な充電まで対応しているので、
PowerIQ 1.0の出力では、少し物足りなく感じます。

また
iPadやタブレット製品はバッテリー容量が大きいぶん
高い出力で充電が可能なので、PowerIQ 1.0では充電可能だが遅い
というデメリットがあります。

  • PowerIQは、自動的に機器に合わせた出力で充電する機構
  • 最大出力は、5V/2.4A=12W
  • iPhoneなら、断然オススメ
  • アンドロイドスマホタブレット製品なら、
    高出力の充電に耐えれるため、後述のPowerIQ 2.0がオススメ

 Ankerの技術② PowerIQ 2.0とは

 

PowerIQ 1.0と同様に
その機器に適した最大のスピードで急速充電を行う技術ですが、

改善ポイントは

  1. 最大出力が12W→18Wへとパワーアップ
  2. 最新のアンドロイドスマホやタブレットなども対応

この2点が大きくパワーアップ。

先ほどのPowerIQ 1.0の3つの規格
5V/1A=5W
5V/2A=10W
5V/2.4A=12Wに加え

12V/1.5A=13W
9V/2A=18W
という高出力で充電可能になりました!

 

例えばGalaxy S8では、Power IQ1.0→PowerIQ 2.0
充電時間が2時間→1.5時間と30分も短くなります。

アンドロイドスマホをお持ちの方は
PowerIQ 2.0をオススメします。

もちろん
モバイルバッテリーでスマホに加え
タブレット端末も充電する予定の人
はPowerIQ 2.0搭載のものがオススメです。

PowerIQ 2.0

  • 最大出力は、9V/2A=18W
  • アンドロイドスマホは、断然オススメ
  • スマホ+タブレットを充電する人にもオススメ
  • 逆に、iPhoneのみ充電予定の人は、微妙かも・・・

そんなPowerIQ 2.0を低価格で実現しているのはこちら

PowerCoreシリーズの後継機であるPowerCore II
PowerCore Slimの後継機である PowerCore II Slimです。

Ankerの技術③ Voltage Boostとは

 

こちらは少し地味な技術になりますが、
ケーブルの損傷を抑えるものになります。

充電器の中にはケーブル抵抗が原因で
充電速度が遅くなるものがありますが、

Anker製品が搭載しているVoltageBoosは
充電速度の低下原因となるケーブル抵抗を和らげることが可能です。

これによりいつでもフルスピードで充電ができるようになります。

最強の充電規格 Power Delivery(PD)とは

 

PowerDelivery(PD)規格は現在最強の充電規格です。
Anker社の規格ではなく、世界共通の充電規格になります。

この機能を持っているモバイルバッテリーは
現在、本当に数少なく、ようやくちらほら出てきている現状です。

というのも、PDは
USB typeCという端子にのみ対応しており、
まだUSB typeCを持つ機器自体がそこまで多くありません。

USB type Cは最新のAndroidスマホで搭載されつつあり、
Appleの最新作、iPad Proにも搭載されたことで
注目を浴びました。

この手の話をする際に混合しがちな点が
USB typeC=PD対応ではないということです。

USB typeCは、あくまでUSBの形のみを表しているので
PD対応かどうかを必ず確認してください。

つまり、PD規格を用いた急速充電したい場合は

  1. 充電先(スマホ)
  2. 充電ケーブル
  3. モバイルバッテリー

この3つが全てPD対応かどうかを確認する必要があります。

 

PDってなんかめんどくさいな。
PDってそんなにすごいの?と疑問に思った方。

 

正直、PD規格は他の規格と雲泥の差があります。

なんとPD規格では
最大で100W(20V / 5A)という
超大容量の充電を行うことができます。

全力出せば、テレビやプリンターも給電できる実力を持っています。

 

しかし、現状そこまでの高出力をモバイルバッテリーで出して
受け止めきれる機器も多くないので、制限をかけています。

凄すぎる充電規格に機器が追いついていないのが現状です 笑

 

Anker製品では、PD対応と書いてある場合、

5V/2A=10W
5V/3A=15W
15V/1.6A=18W
9V/2.6A=23.4W

に対応しています。

約24Wの電力を送ることができるので
MacBookなどのPC類も充電可能になっているのが、
最も大きなメリットです。

PowerDelivery(PD)規格は

  • USB typeCで用いられる現在最強の充電規格
  • AnkerのPD対応製品の最大出力は、9V/2.6A=23.4W
  • これによりMacbookなどのPCも充電可能に!(画期的!!)

 

そんなPD機能がある急速充電器のおすすめはこちら

PowerPort I PD – 1 PD & 4 PowerIQ

PowerCore Speed 20000 PDのレビュー
PCも充電できる優れものモバイルバッテリー「PowerCore Speed 20000 PD」 どうせモバイルバッテリーを持ち歩くのなら パソコンも充電したい。 でも容量の多いモバイルバッテリーは 持ち運んでいると...

Quick Chargeとは?

 

さてここからは混同されがちな、
Quick Chargeについて見ていきましょう。

Quick Charge 1.0

 

Quick Chargeというのは、Ankerの技術ではなく、
元はQualcomm社の規格です。

あまり有名にはなりませんでしたが、
このQuick Charge 1.0では、5V 2A(最大10W)
供給能力(充電能力)を持っています。

ここでおさらいとして
普通にPCなどのUSB給電について
把握しておきましょう。

なんとなく実感として
USBで充電すると遅いな~と
感じてる方も多いのでは?

それもそのはず。
USBはデータのやり取りをするものであって
充電するものではありません 笑

現在、一般的なUSB2.0では5V 0.5A (2.5W)
最新のUSB3.0でさえ5V 0.9A (4.5W)
給電能力しかありません。

 

Quick Charge 2.0

 

Quick Charge 1.0は正直
あまりUSB規格と大差なかったですが

Quick Charge 2.0では、
複数の電圧電流から自動選択を行います。

  • 供給電圧は 5V, 9V, 12V, 20V
  • 供給電流は 3A, 2A, 1.67A
  • 最大出力は 18W

Quick Charge 3.0

 

さらにQuick Charge 3.0では、
細かく供給電圧が設定できるようになり

  • 供給電圧は 3.6V~20V(200mV刻みで変化)
  • 供給電流は 2.6A, 4.6A
  • 最大出力は 18W

となっています。電圧を細かく設定できるようになった分
最大出力は変わらないものの、
より安定して高出力を維持できるといったところですね

Quick Charge 4.0

 

こちらがQualcommの最新型の規格になります。

  • 供給電圧は 3.6V~20V(200mV刻みで変化)
  • 供給電流は 2.6A, 4.6A
  • 最大出力は 18W

というQuick Charge3.0と変わらないですが、
4.0ではPD(PowerDelivery)機能がついているものがあります。

Quick Charge4.0でPD動作時は

  • 供給電圧は 3V~11V(20mV刻み)
  • 供給電流は 1A~3A(50mA刻み)
  • 最大出力は 27W

と桁違いの速度を出してきますね。

Quick Chargeもなかなかすごい技術なんですが
注意点があるとすれば、対応機種が最近のAndroid
ということですね。

iPhoneを使用している人は
Quick Chargeは不要です。

Androidの人はQuick Charge 3.0がついているのを
買えば安心ですが、正直2.0とあまり変わらない気もします。
最大出力変わらないですし。。。

 

まとめ

 

Anker(アンカー)の技術について

  • PowerIQは出力を自動で調節する技術。
    (iPhoneならPowerIQ 1.0で十分)
  • タブレットを充電する人はPowerIQ 2.0がオススメ
  • QuickChargeAndroidの人にオススメ
  • iPhoneの人は、PowerDeliveryがついているのを買うのもアリ

といったところですね。

Ankerが出している技術と他メーカーの技術が
混同されがちなのでまとめてみました。

参考にしてください

モバイルバッテリー買う前に見るべきAnker製品まとめ
新しいモバイルバッテリーを買う前に見るべき!Anker製品・情報まとめ 重い、容量が少ない、見た目がかっこよくない、充電が遅い.... 今のモバイルバッテリーに少しでも不満がある方へ ベス...
Anker Powercore Lite 10000
PowerCore Lite 10000が常に持ち運ぶべきコスパ最高のモバイルバッテリーだった! みなさん モバイルバッテリー使っていますか? もはや、持っていない人の方が 少なくなってきましたね。 そんなモバ...
コスパ最高の製品を出し続けてるANKER(アンカー)とは? どうも、外資系リーマンの マルコ(@yamato13n)です。 今回は私が愛用している Anker(アンカー)社につい...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です