ガジェット

ケースつけてもワイヤレス充電が可能なバンカーリング「MOMOstick(モモスティック)」!机ガタつかないとこもGood!

MOMO Stickアイキャッチ

 

iPhone 11Proを購入しました!

試したいことといえば….

 

 

ワイヤレス充電です。

 

最近のスマホにはワイヤレス充電が搭載されており、
置くだけで充電できますね。

iPhoneだと、iPhone 8 以降で使えます。

発表当初は、充電が遅いこともありあまり普及せず、
自分も無理に試すことはないかと」、見送っていたのですが

すでに充電規格の整備や、
高出力のできるワイヤレス充電器が発売され、高速充電が可能になりました。

気づけばすでに、ワイヤレス充電が市民権を得ていました。
会社で横にいる上司がワイヤレス充電している姿を見て、
衝撃を受けたのを覚えています。 笑

早速自分もワイヤレス充電を導入しようとしたところ
悩ましい問題が浮上しました。

それは、、、

 

バンカーリングでは、ワイヤレス充電できない

 

 

スマホの大型化により、必需品のバンカーリング

 

最近は、iPhoneに限らず、Androidも大型化が進み
大きい画面で、ゲームや動画を楽しむことが
できるようになりましたね。

しかし、スマホのサイズが大きくなるにつれ
手の小さい日本人には問題が発生します。

ぶっちゃけ、
めっちゃ持ちづらい….

特に画面サイズが6インチを超えるような
iPhone XやiPhone11など
iPhone11 Pro maxに関しては、片手で扱うのは至難の技です。

そこで、活躍するのが、バンカーリングです。

最近では、
バンカーリング単体のものから
バンカーリング付きのスマホケースまで

様々な種類のものが発売されています。

 

 

これをつけることで、

親指が幅広い範囲に届くようになり、
ロック解除時の下からのスワイプが楽になるだけでなく
スマホを落下させることも少なくなります。

 

バンカーリングの使用例 親指が届くバンカーリングの使用例

物によっては、スマホスタンドの代わりになったり、
車載ホルダーになったりします。

前のスマホの時は数え切れないくらい
助けられたので、今回も使用したかったんです。

 

そんな便利なバンカーリングのデメリットは

  • ワイヤレス充電ができないこと
  • 机などの平面においたときのガタツキ

です。

 

バンカーリングのデメリットは、
①ワイヤレス充電不可 ②置いたときのガタツキ

バンカーリングは、基本的に強度を保つため
金属製になっているものが多く、

ワイヤレス充電は、金属製のものが間にあると
発熱してしまうため、金属製のバンカーリングや
スマホケースなどは充電できません。

金属製ではないバンカーリングも
存在しますが、そもそも厚みがあるため、
ワイヤレス充電には不向きとされています。

基本的にスマホケースに張り付けるため
厚み(充電器から本体までの距離)が、
ケース+バンカーリングの厚さとなり

公式でワイヤレス充電可能!と書いていても
ケースにつけて充電してみると
充電できない…なんてことも。。

ワイヤレス充電と、バンカーリング…
うまく共存はできないものか…
と探していると、ありましたよ!最高の商品が!

それがモモスティックです。

次世代のバンカーリング、モモスティックはワイヤレス充電可能

 

モモスティックは見た通り、
もはやリングではありません。

巨大な絆創膏です (褒めてます)

MOMO STICK(モモスティック)の商品画像

iPhone11 Proに貼ると
このくらいのサイズ感

MOMOStick正面

どうやって指を通すのかというと
うまいこと、上層がスライドするようになっており
指を通せるようになるんですね。

Momostick スライド

ちなみに使用している、iPhone11 Pro用のケースはこちら

 

さて本当にワイヤレス充電できるのか、購入レビュー

 

ここからは、実際に使用してみてよかった部分をご紹介します。

MOMOStick(モモスティック)の薄さは3.6mm!

気になる薄さはなんと3.6ミリ
もはやケースより薄そうです。
公式でも、ワイヤレス充電可能と書いてあるので、期待です。

MOMOstick ワイヤレス充電’

バンカーリングもそうですが、
直接スマホに貼らずに、ケースに貼っていきます。

完成!

Momostick 側面

MOMOStick(モモスティック)は、安定感あり。粘着力もGood!

 

そして薄さに加えて嬉しいのが、
机においたときのガタツキ。

机に置いたときに、
バンカーリングのように一点集中にならず
ある程度の長さがあるので

中央から少しずらして貼ることで、
机に置いたときのガタツキも
気になりません。

心置きなく、ゲームできます 笑

 

ちなみに、何回か貼り直しましたが、
ケースに粘着跡が残ることもなく、

その後、使用していても外れることは今の所ないので
粘着性もGood!でした。

MOMOStick(モモスティック)は、驚異の7g! 軽すぎるっ!

 

さらに嬉しいポイントとして、軽い!!

なんと重さは

7g

極限まで軽く設計されてます。
(バンカーリングだと20〜40gあるのが普通なので驚異的ですね!)

iPhoneって、本体だけだと軽いと思えるんですが、
ケースやバンカーリングなどをつけていくと
結局重くなってしまいがちなので

こんなに軽いのは嬉しい誤算でしたね!

 

MOMOStick(モモスティック)は、ケースつけてもワイヤレス充電可能

 

そして、一番重要なワイヤレス充電です。
使用しているのはクリアケースとはいえ、
割と厚めのもの。

はたして、その結果は、、、

ワイヤレス充電前

【ワイヤレス充電前】

【ワイヤレス充電後】

ワイヤレス充電完了!!

 

しっかり、充電器の充電ランプ(下の方にある青いランプ)も点灯して
ワイヤレス充電されていますね!

ワイヤレス充電後のランプ

いやー、実際されるまでドキドキでした 笑

実際に使用したワイヤレス充電器はこちら

モモスティックのデメリット。横向き時に指通せない

 

ここまで色々、言ってきましたが
正直言って微妙なところも触れておきましょう

それは、

横向きで指通せない。

スマホリングは土台部分で回転できるものが多く、
スマホを横向きにした時も、リングを回転させることで指を通すことができます。

 

しかし、このモモスティック
完全に固定されているので
指を通すリングの大きさは変えられても、
リングの方向は変えることができません。

なので、横向きにスマホを使用した際は
使うことができないというのが正直なデメリットです。

 

それでも、モモスティックを縦につけるか
横向きにつけるかは自由ですし、
自分が使うことが多い方向に合わせて
つけるしかないですね。

まぁ、あれです。。。ようは慣れです! 笑

【結論】モモスティックはこんな人におすすめ

次世代のバンカーリング「モモスティック」をオススメできるのは

  • iPhone 11 Proなど、自分のスマホが大きいなと感じている
  • どうせなら、ワイヤレス充電を、行いたい
  • 現在のバンカーリングより、薄くて軽いやつを求めてる

なんて人には特にオススメですよ!

6インチ以上のスマホで、バンカーリング自体使ったことないや…
なんて人は、試す価値がありますよ!
そこまで高額な買い物ではないので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

私の場合は、スマホ買うのと同時に
ケース、フィルム、バンカーリングを買うのが
通例になってしまいました 笑

iPhone 11 Pro 購入後に買うべき3点セット!筆者が購入したおすすめのやつ教えます iPhone 11 Pro購入して浮かれている皆さん。 今回のiPhone 11 Proでは、防塵防滴はもちろん 堅牢性...

 

今回、ご紹介した製品はこちら

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です