Anker

PowerCore Lite 10000が常に持ち運ぶべきコスパ最高のモバイルバッテリーだった!

Anker Powercore Lite 10000

 

みなさん
モバイルバッテリー使っていますか?

もはや、持っていない人の方が
少なくなってきましたね。

そんなモバイルバッテリーは
大容量のものや急速充電、PCを充電できるものまで
いろいろな種類のモバイルバッテリーが出てきています。

 

そこで質問です。

 

あなたはモバイルバッテリーを
使い分けていますか?

 

え?1つしか持っていないって?

もったいない!!

 

私は用途に応じて、3つのモバイルバッテリーを持っています。

  • 旅行用のモバイルバッテリー
  • 持ち運び用のモバイルバッテリー
  • 緊急時のモバイルバッテリー

 

そんな私が使っている持ち運び用のモバイルバッテリーを
ご紹介します。コスパ良いですよ。

 

 

コスパ最高のモバイルバッテリーの条件【持ち運び用】

 

持ち運び用の場合、

必要な条件としては

  1. 軽さ。軽ければ軽いほどよい。
  2. 最低でもスマホ2回分の充電容量
  3. 小さくて薄い。小さければ小さいほど、薄ければ薄いほど良い
  4. アンドロイドも充電できれば、Good!
  5. 高速充電に対応してれば、Good!

後半の④と⑤は無くてもいいけど
あったら嬉しい条件といったところでしょうか。

 

基本的には、

持ち運びを考えると
軽ければ軽いほうが良いですし、
小さければ小さいほど助かります。

持ち運ぶとは言っても
カバンの中で充電しっぱなしのような使い方になるので、

急速充電は要らないといえば
要らないですが、ついていたら便利です。

 

 

PowerCore Lite 10000はコスパ最高の持ち運び用モバイルバッテリー!

 

私がおすすめするのはこちら。

 

Anker PowerCore 10000 lite

Anker PowerCore Lite 10000
(10000mAh 大容量 モバイルバッテリー)
【USB-C入力ポート搭載 / 薄型設計 / コンパクトサイズ】

 

いいですね~なんと言っても

薄いっ!!

詳しくスペックを見ていきましょう

 

 

Anker PowerCore 10000 Lite の重さと大きさ スペックは?

 

まずはスペックからご紹介しましょう。

スペックまとめ

  • サイズ:約14.4 x 7.2 x 1.4 cm
  • 重量:約211g
  • 出力:5V/2.4(PowerIQ対応)
  • 入力:5V/2A (Micro USB / USB-C入力)
  • 同梱物:Micro USBケーブル、トラベルポーチ

 

最も注目すべきはその薄さ

1.4cm驚異の薄さを誇っています。

だいたい他のモバイルバッテリーを見ると
2.2cmくらいが標準なので、驚異の薄さです。

Anker PowerCore 10000 Liteの大きさと薄さはこんな感じ

Anker PowerCore 10000 Lite を上から俯瞰した時の大きさの比較図.png Anker PowerCore 10000 Lite を横から見た図.jpg

薄さの方で持っているのはiPhone 8 plusにカバーをつけた状態です。

薄さは、USBポート分の厚みしか残っていません
極限まで薄く設定されています。
これ以上は薄くはできないでしょうね。

 

 

Anker PowerCore 10000 Liteの良いところ

 

というわけで私がオススメするポイントについて
いくつかあるので1つ1つ見ていきましょう。

Anker PowerCore 10000 Liteの利点① 少し引いちゃうほど小さくて軽い

 

小さっ!軽っ!!

昔のモバイルバッテリーを使っている人ほど
この印象が強いと思います。

自分も初めてみたときに、

マルコ
マルコ
この薄さで10000mAh?!すごいな!

と驚愕したのを覚えています。

まず、その重さ211mg!
iPhone XS maxよりも軽い!
自分のスマホより軽いと、持ち運びが楽ですよね。

 

そしてなにより、薄さが素晴らしい。

持ち運び用と考えると、
軽さや小ささは、何よりも重要ポイントです。

Anker PowerCore 10000 Liteの利点② 充分すぎるほどの容量

 

名前にある通り
Anker PowerCore 10000の容量は
10000mAhです。

iPhoneを1回充電するのに約2500mAhかかるため

10000mAhはスペック上では
iPhoneを4回も充電できることになります。

iPhone7あたりまでは
iPhoneに搭載されるバッテリーの容量は
どんどん上がってきてたのですが

ココ最近のiPhone8や
iPhoneXSなどを見ていると、
バッテリーは2500mAくらいで頭打ちしています。

おそらく、
バッテリーの容量を増やすことより
省電力化に舵を切っている結果だと思いますが

大型スマホが当たり前になった今、
更に大きくして、大容量のバッテリーを積むより
省電力化する傾向にあるのは、どのメーカーも同じですね。

この流れが続くならば、
当分の間、バッテリーの容量は増えないため

10000mAhもあれば、
これから先も充分安心して使える容量です。

何より、安くてコスパよいっ!

 

昨日の夜に充電忘れてた!

なんてことが起きても、このモバイルバッテリーさえあれば
困らなくなるなんて、最高ですね。

Anker PowerCore 10000 Liteの利点③ USB-Cに対応

 

さりげに嬉しい機能として
多くのモバイルバッテリーが対応している
micro USBに加え

充電のみですが
USB typeCにも対応しています。

新型iPad ProもUSB-Cに対応したことですし、
今後、更に多くのUSB-C規格の製品が出ることを考えると

モバイルバッテリーに珍しい
USB-C対応なのは、Goodポイントですね。

 

Anker power lite

Anker PowerCore 10000 Liteの利点④ 急速充電のPOWER IQに対応

 

これはもう、Ankerにとっては定番機能ですね。

モバイルバッテリーに
急速充電は必須の機能になってきました。

もともと、モバイルバッテリーは
スマホを充電する際、
コンセントと比べて大幅に充電時間が長くなります。

これは供給電力が少ないために起こりますが、

AnkerのPOWER IQでは
タブレット、iPhone、アンドロイドと
それぞれに応じた最適な電力を流すことができます。

これにより、高速充電を行うことができます。

以下公式HPより引用

 

Anker独自技術PowerIQVoltageBoostにより

最大2.4Aでの急速充電が可能です。

PowerIQとは?

 

Anker独自技術のPowerIQ™テクノロジーによって、各USBポートは接続された機器を自動的に検知し、その機器に適した最大のスピードで急速充電を行うことが可能です。

PowerIQ 2.0に搭載されたスマート充電チップは接続された機器を即座に認識し、機器毎に最大のスピードで急速充電をするために適した電力を自動で調整して供給します。

Anker独自技術であるPowerIQ 2.0はApple、Samsung、Kindle、その他の製品に対応しています。これにより、「5V/2.4A」「5V/2A」「9V/2A」「12V/1.5A」などその機器に合った電力を出力します。

VoltageBoostとは?

 

Anker独自のVoltageBoost™技術でケーブル抵抗値を調整し、
スムーズに電力を供給します。

充電器の中にはケーブル抵抗が原因で充電速度が遅くなるものがありますが、Anker製品が搭載しているVoltageBoost™は充電速度の低下原因となるケーブル抵抗を和らげることが可能です。
お使いの機器はいつでもフルスピードで充電ができるようになります。

 

 

ということみたいです。何気なく使ってましたが
PowerIQは、機器に応じた最大電力を出力する機能で
Voltageboostは、ケーブル抵抗を和らげて、充電速度を保つ技術のようです。

 

 

Anker PowerCore 10000 Liteの使い方

 

使い方はシンプルで簡単。

Anker PowerCore 10000 Liteの充電口と電源ボタン Anker PowerCore 10000 Liteから充電している時の図

とこのようにiPhoneなら
USB端子にlightningケーブルを刺すだけで
高速充電が開始されます。

 

右側にある電源ボタンは、低電圧モードで
スマートウォッチやイヤホンを充電する際に使用するので
あまり使いませんね 笑

 

Anker PowerCore 10000 Liteを買って変わったこと

 

このモバイルバッテリーを購入してから変わったことと言えば

スマホの充電が切れてしまい、
モバイルバッテリーで充電する際の、充電場所が変わりました。

具体的には

 

カバンの中 → ポケットの中

 

になりました。

今までは少し大きめのモバイルバッテリーを使っており
充電速度もそこまで早くなかったので
基本的に、カバンの中で充電していました。
(いつ充電が終わるのか読めなかった)

今回のAnker PowerCore 10000 Liteはスマホと一緒に
スーツやジャケットのポケットの中に入るため
もはや、ポケットの中で充電しています。

マルコ
マルコ
快適っ….!

 

Anker PowerCore 10000とAnker PowerCore 10000 Liteの違い

 

Anker PowerCore 10000(左)とAnker PowerCore 10000 Lite(右)

名前、似てますよね 笑

Anker PowerCore 10000(左) Anker PowerCore 10000 lite(右)

この製品群、非常に分かりづらいのですが、
先に発売されたのがAnker PowerCore 10000(左)で、

そこからさらに薄型に改良され出てきたのが
Anker PowerCore 10000 Lite(右)です。

厚みがほぼ2分の1になっており、
より持ち運びに特化した形へ進化しています。

厚みが
2.2cm → 1.4cmとLiteでは薄型化しています。

この差は大きいですね。

 

Anker PowerCore 10000
(10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)(ホワイト)

Anker PowerCore Lite 10000
(10000mAh 大容量 モバイルバッテリー)
【USB-C入力ポート搭載 / 薄型設計 / コンパクトサイズ】

まとめ

Anker PowerCore Lite 10000のオススメポイント

  1. 引いちゃうほど小さくて、薄い
  2. なんと薄さが1.4cm
  3. 容量は10000mAhと十分。iPhone2~3回は余裕
  4. USB-Cに対応(充電のみ)
  5. ポケットの中で充電するようになりました!

 

気になった方はぜひ試してみてください。

Anker PowerCore 10000
(10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)(ホワイト)

Anker PowerCore Lite 10000
(10000mAh 大容量 モバイルバッテリー)
【USB-C入力ポート搭載 / 薄型設計 / コンパクトサイズ】

モバイルバッテリー買う前に見るべきAnker製品まとめ
新しいモバイルバッテリーを買う前に見るべき!Anker製品・情報まとめ 重い、容量が少ない、見た目がかっこよくない、充電が遅い.... 今のモバイルバッテリーに少しでも不満がある方へ ベス...
コスパ最高の製品を出し続けてるANKER(アンカー)とは? どうも、外資系リーマンの マルコ(@yamato13n)です。 今回は私が愛用している Anker(アンカー)社につい...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です