Apple

iPhoneでワイヤレス充電(無接点充電)を行うなら、スタンド型の7.5W出力で決まり!

ワイヤレス充電のアイキャッチ

 

最近のワイヤレス充電の人気は凄いですね。
昔のめちゃめちゃ遅かったですが
高速充電できるようになり、

使い物になる。むしろ
一度体験すると戻れません。
そこまで言わせるのが今のワイヤレス充電です。

ただ、Androidならまだしも
iPhoneで行う場合は、色々考えるべき点があります。

この記事では、iPhoneでワイヤレス充電を行いたい人向けに、
現状でベストなワイヤレス充電機器について紹介します。

ワイヤレス充電の出力の強さは、10Wは必要なし!

ワイヤレス充電に限らず、
通常のライトニングゲーブルで行う充電でも、
急速充電は最近のキーワードですね。

高出力(高電圧や高いアンペア)により
充電切れから2~3時間で充電100%まで急速充電できる
モバイルバッテリーや、高速充電器は多く出てきています。

Ankerで言うと、PowerIQ 2.0だったり、
PD(Power Deliveryと)呼ばれるものです。

今までの充電器は5V/2Aというように
電圧/電流の値で、出力が書かれていました。

しかし、ワイヤレス充電では、
電圧と電流をかけた値であるWで出力を表します。
今までの充電器と違うのでややこしいですね

現在、購入可能なワイヤレス充電器は
5W, 7.5W, 10W
の3種類です。

当然、数値が大きくなるにつれ
高出力になり、高速に充電できますが、
商品価格も上がります。

例えば5Wの製品と

10Wの製品

 

スタンド型かパッド型という違いもありますが、
1000円以上差がありますね。

W数が大きいと、急速充電対応ですが、
iPhoneは何Wまでの充電に対応しているのでしょうか

 

iPhoneのワイヤレス充電なら、7.5W/1.0Wを選べ!

結論から言うと、7.5Wです。

これは現状発売されているどのiPhoneでも変わりません。
iPhone 8でも、iPhone XRでも
iPhone 11 Pro Maxでも変わらず、

ワイヤレス充電の出力は、7.5Wが限界です

重要ですよ。
間違えてる10Wの出力を購入してしまっても、
充電器の価格が上がるだけで、効果はありませんのでお気をつけください。

Androidだと、ワイヤレス充電に対しても10W対応のものがありますが、
iPhoneの場合、最新のiPhone11でも
7.5Wまでしか対応していないなんて、初見殺しもいいとこです。

 

とはいえ、もし今後
iPhoneからAndroidに買い換えるかもしれない…
(Huawei凄そうだし…)

多少値が上がっても、最大出力の10W買っておこうかな
と言う方へ。

 

朗報です。

 

ワイヤレス充電器側でAndroidかiPhoneかを判断し
出力を切り替えるモデルが発売されました。

7.5W/10Wと書いてあるのが、目印です。

例えばこれ。

Anker PowerWave 7.5 Stand

Anker PowerWave 7.5 Stand, Qi認証 ワイヤレス充電器 iPhone 8 / 8Plus / X / XR / XS / XS Max / Samsung Galaxy / LG 対応 5W & 7.5W & 10W 出力 ブラック

商品名にも7.5Wと明記してあり
7.5W/10Wということで、対応しているアンドロイド機種には
10Wの現在最高峰の出力で受電することが可能です

近年、バッテリー容量が大きくなっているiPhoneやアンドロイド機種に対しても
ワイヤレス充電なのに、
3時間ほどで充電することができていますね。

さらにメーカーも、超大手のAnkerということで
サポート面でも安心です。

価格もそこまで高くないので
比較的安価に高速なワイヤレス充電を
行うことができますね。

ちなみに、よくある間違いとして
5W/10Wではなく、10Wとしか書いていないモデルでは、
アンドロイドで10W、iPhoneだと5Wの充電に
切り替わる可能性が高いので、注意してください!

開発の流れとして

製品名(iPhoneの出力/アンドロイドの出力)
5W   (5W/5W)

10W   (5W/10W)

7.5W  (7.5W/10W)

と覚えておくとわかりやすいと思います。

 

とにかくiPhoneでワイヤレス充電器を購入するなら
7.5W/10Wと書いてあるモデルを探しましょう。

iPhoneのワイヤレス充電は、パット型ではなく、スタンド型を選ぶべき!

ワイヤレス充電の出力の次に考えて欲しいのが
スタンド型かパット型かです。

パット型のオススメはこれ

 

NANAMI Qi ワイヤレス充電器 急速 iPhone XS Max XS X XR 8 Plus 8 Samsung Galaxy qi対応 5W/7.5W/10W 黒

机の上や、ベットの横などにおくイメージですね。
一番最初にワイヤレス充電が発売された時の形もパット型でした。

 

先ほども紹介しましたが、スタンド型のワイヤレス充電は、こう

 

Anker PowerWave 7.5 Stand

Anker PowerWave 7.5 Stand, Qi認証 ワイヤレス充電器 iPhone 8 / 8Plus / X / XR / XS / XS Max / Samsung Galaxy / LG 対応 5W & 7.5W & 10W 出力 ブラック

ワイヤレス充電の際にスマホを、置く向きが異なりますが
結論から言うと、

iPhoneなら圧倒的にスタンド型がオススメです。

理由は2つ。

スタンド型がオススメの理由① FaceIDを最大限生かせる

パット型を使ってみるとわかるんですが、

机の上に置いた状態でiPhoneを開けようとすると
一度持ち上げて、顔に向けないと
ロック解除出来ません。

これが、想像以上にストレス…

iPhoneXなどでは、ホームボタンもないので、
ただ時間確認したいだけでも、
一度持ち上げる必要が出てきます。

 

しかし、スタンド型の場合、
すでにいい感じの角度がついているため、

顔を向けるだけで、
ロック解除されるので
ストレスフリーで使うことができます

スタンド型がオススメの理由② 位置調整が楽

大前提として、
ワイヤレス充電器は、中にコイルが入っており、
スマホ側と充電器の位置が微妙にあっていないと
充電されません

パット型だと、
iPhoneを置くスペースが固定されていないので
適当に置いたときに、コイルがずれてて充電できてない…

なんてことが起こります。

これ、想像以上にストレスです。

日常的に、スマホを使っているので
朝起きた時に、充電したつもりが充電されていない!
なんてことが起きると、めっちゃくちゃ不便です。

 

なので、出来るだけ
この悲劇を減らしたいですよね?

スタンド型なら、立てかける部分があるので
iPhoneの高さ方向は固定され、左右の調整だけで済みます。

これが、本当に楽。

縦置き型にしてから、
充電ミスの回数が激減したので
これからも私が買うのは、絶対に縦置き型です。

 

【結論】iPhoneのワイヤレス充電は、スタンド型の7.5W/10Wを選ぶべき!

iPhoneで急速充電可能な、ワイヤレス充電器を選ぶなら

  • iPhone の高速充電は7.5Wまで対応!
  • アンドロイドのことも考えると、7.5W/10Wと書いてあるものがベスト
  • ワイヤレス充電機はスタンド型を買うべき。
  • 理由は、FaceID と 位置調節
  • 【結論】iPhoneのワイヤレス充電は、スタンド型の7.5W/10Wを選ぶべき!

オススメの商品としては
安心のAnker製品なら、途中で紹介したこちら

少し安価なnanami製品のこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です