Anker

PCも充電できる優れものモバイルバッテリー「PowerCore Speed 20000 PD」

PowerCore Speed 20000 PDのレビュー

 

どうせモバイルバッテリーを持ち歩くのなら
パソコンも充電したい。

でも容量の多いモバイルバッテリーは
持ち運んでいると
だんだん重さが気になってきます。

その上、低品質なモバイルバッテリーだと
パソコンを充電しているのにもかかわらず、
出力が足らず、充電が減ってしまう事態に。。。。

なのでこの記事では

  • PCへの高出力充電が可能
  • なるべく軽い
  • なるべく安い

の三拍子揃ったモバイルバッテリーをご紹介します。

次世代の給電規格「PowerDelivery(PD)」

 

最新の給電規格であるPowerDelivery。

従来のUSB(USB typeA 3.0)では、7.5Wまでしか給電できません。

通常のスマホであれば、5Wで十分ですが、
MacbookなどのPC類を充電する場合、出力が圧倒的に足りません。

そこにAnkerの技術である「PowerIQ 2.0」を用いて
電流を可変させることで
18W(12V/1.5A)までの給電を可能にしました。

これによりタブレットへの高速充電を可能にしましたが
PC類への給電には、まだまだ出力が足りませんでした。

PowerIQ 2.0によりタブレットへの高速充電が可能に!

その出力は、なんと最大18W(12V/1.5A)

そのため、USBやモバイルバッテリーでは
PC類が充電できないのが当たり前と呼ばれる時代が続きます。

しかし、2014年に新しいUSB規格であるUSB typeC(USB-C)が発表され、
USB-Cに合わせた給電規格であるPowerDelivery(PD)規格が発表されました。

これにより規格上の最大値は100W(20V/5A)と大きく最大値を更新し、
USB-Cを用いることで、十分にPC類も充電可能になる希望が見えてきました。
(実際に100Wも出力できれば、テレビをも給電可能です 笑)

Ankerでは、いち早くPD対応のモバイルバッテリーを開発・発売し、
なんと最大30Wの出力を可能としました。
当然、PC類への給電も可能です。

PD(Power Delivery)という規格により、

Ankerのモバイルバッテリーでは最大30Wの出力が可能に!
これによりPCへの高速給電が実現!

これにより、モバイルバッテリーから給電しているはずのPCから
バッテリーがどんどん減っていく…!

というあるあるを防ぐことができます。]

 

それがこの商品です。

PowerCore Speed 20000 PDの魅力

 

こちら「Anker PowerCore Speed 20000PD」ですが、
オススメポイントがてんこ盛りになっていますので
1つ1つ説明していきましょう。

PD(PowerDelivery)の給電対象はPCだけではない!

 

前述したPD対応ですが、何も高速給電の対象はPCだけではありません。

個人的によく使う対象は
GoProミラーレスカメラです。

特にGoProは、唯一の弱点がバッテリーと言っていいほど
あっという間にバッテリーが無くなります。

そのため、予備バッテリーを2,3個持つのが主流になっていますが
そんなGoProも難なく充電することができます。

 

これからの電化製品はスマホやカメラに限らず
どんどんUSB-Cの採用がされることが
もう、目に見えていますので

今のうちにPD対応のモバイルバッテリーを持っておくと
選択肢も広まりますし、オススメです。

 

PowerCore Speed 20000 PDは、なんと360g!

 

PD対応モバイルバッテリーの陥りがちな点ですが、
基本的に重量が重くなりがちです。

500gを切るものを探す方が難しく
中には600gのものもあります。

冷静に考えてみてください。

 

0.6kgですよ?

500mlペットボトル1本以上の重さのものを常に
カバンの中に入れておく。と思うといかに負担がかかるか。。

それに比べ、本品は
約360gと軽量かつサイズも小さめに仕上げられており

20000mhAという大容量にもかかわらず
持ち運びに負担がかからないようになっています。

PowerCore Speed 20000 PDがいかにお得か

 

機能や携帯性などがよくても
値段が高すぎては、購入に躊躇してしまいますが、

メーカ推奨価格は、7999円です。

容量が20000mhAもあり、PD対応
その上、軽くて小さい。

この値段を安いと断言できる要素がさらにもう一つあります。

それは付属品として

Anker PowerPort Speed 1 PD30 (USB-C急速充電器)が付いてきます。

それがこちら。

実際にAmazonで、2299円で販売されている商品です。

PD対応の急速充電器なんて
おまけでついてくるレベルを超えています。笑

PowerCore Speed 20000 PDが
いかにお得か、わかりますね 笑

まとめ

PowerCore Speed 20000 PDがオススメすべき理由

  • PD対応であり、PCだけでなくGoPro等の最新の電化製品をも高速充電可能
  • 重量360gであり、他の製品と比べて圧倒的に軽い
  • 2000円相当のPD対応USB急速充電器が付属品でついてきて7999円!

 

また、PD対応のUSB-Cケーブルもあわせて購入することをオススメします!

Apple製品の最新情報からAppleサポートでの予約方法までのまとめiPhoneについて、書いた記事をまとめておきます。 Appleサポートを受けるにあたって Apple製品を触っていく中で、...
【20000mAh台】絶対にオススメできる大容量モバイルバッテリー3種!【Anker】 スマホも数年前までは2000mhAだったのが 最新の機種では4000mhAと大容量化しています。 以前までは、頻繁に充電...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です