Anker

オススメの10000mhAモバイルバッテリー5選!2世代前には注意せよ!【Anker】

 

モバイルバッテリーを持っていないと
外出が不安だ。なんて人も多いのではないでしょうか。

万が一に備えるためにも、
モバイルバッテリーは持っておきたいですが

モバイルバッテリーは日進月歩。

1世代前ならともかく2世代前ともなると
性能はガタ落ちしてしまいます。

そこで
モバイルバッテリーの最も有名なメーカーである
Anker(アンカー)のモバイルバッテリーを

それも10000mhAに絞り、
今買うべきオススメのものをご紹介します。

10000mhAのモバイルバッテリーをオススメする理由

 

本題に行く前に、そもそも
バッテリー容量はなぜ10000mhAがオススメなのか

現在、モバイルバッテリーといっても
容量は様々であり、
中には25000mhA以上のものもあります。

その中で、10000mhAをオススメする理由は2つ。

10000mhAをオススメする理由。1つ目は、重さ

 

もちろん「モバイル」バッテリーなので
日常的に持ち運ぶことを想定して購入していく必要があります。

モバイルバッテリーの容量は大きい方が便利ですが、
その分、重くなってしまいます。

正直25000mhのものになると、0.5kgを超えてくるので
バッグに入れただけで、ズシンと重さをもろに感じます。

常にバッグの中に、ペットボトル2本入れて生活する…

なんて
想像すると、流石に持ち運ぶのがきついことがわかりますね。

10000mhAをオススメする理由。2つ目は、使う目的が変わってきている。

 

以前までは、スマホに搭載されているバッテリー自体が少なく、
また画面の省電力化等進んでいなかったので
充電の減りが早く、モバイルバッテリーが必須でした。

使用頻度の高い人や、ゲーム等スマホに負荷がかかる場合は
1日に3、4回充電するのは当たり前。
むしろ、常にモバイルバッテリーを繋いでいることもありました。

 

しかし最近はスマホのバッテリーも大容量化し、
省電力化が進んだことで
バッテリーのもちが格段に良くなっています。

また、カフェなど、電源プラグが設置されている店舗も多くなり、
モバイルバッテリーを使うのは、
移動中や緊急性のあるときだけになってきています。

なので正直、
20000mhAも要らないな
と感じている方も多いはず。

参考までにバッテリーの容量をiPhone XSの充電回数になおすと

バッテリーの選び方(iPhone XS使用時)

  • 5000mAh  ・・・iPhone XS    1~2回分
  • 10000mAh・・・iPhone XS 2~3回分
  • 20000mhA・・・iPhone XS    5~6回分

と言うわけで、10000mhAで十分ですね。

 

ではここで、10000mhAがオススメできない場合は何があるのか。について少し触れておきたいと思います。

ズバリ
「スマホ+タブレットを充電」したい場合はオススメできません。

基本的には、Ankerのモバイルバッテリーには
急速充電技術であるPowerIQが搭載されていますが、

タブレットへの充電を考えるのであれば「PowerIQ 2.0」をオススメします。

そして、この技術は10000mhA台ではなく
20000mhA台のモバイルバッテリーに多く搭載されているため、

タブレットへの充電を考えるのであれば
20000mhAでPowerIQ 2.0のものを購入すべきです。

参考になるのはこちら

【20000mAh台】絶対にオススメできる大容量モバイルバッテリー3種!【Anker】 スマホも数年前までは2000mhAだったのが 最新の機種では4000mhAと大容量化しています。 以前までは、頻繁に充電...
Anker Powerdelivery QuickCharge PowerIQ
PowerIQとQuickChargeの違いとは?大人気Anker(アンカー)の技術まとめ モバイルバッテリーで最も売れているメーカー Anker(アンカー)には、当然売れるだけの理由があります。 デザインが抜群...

 

では早速本題です。
10000mhAのモバイルバッテリーで何がオススメなのか見ていきましょう。

超王道!安価!「PowerCore 10000」

まずは一番基本形
PowerCore 10000です。

最も基本的なモバイルバッテリーで
色は白と黒があり、Amazonチョイスにも
選ばれているロングセラー商品です。

PowerIQ 1.0と機能を絞った分、
10000mAhと大容量をこの安さと小ささで実現しています。

機能を絞ったと言っても、前述した通り
タブレット充電しない限りは
PowerIQ 1.0で十分ですね。

アマゾンのサイバーセールなどで
何度もセール対象になってますので、

定価で買うなら、アマゾンのセールを待ちましょう。
(1000〜2000円OFFで買えます

PowerIQ 2.0対応!「PowerCore II 10000」


PowerCore10000の後継機。
後継機の場合はシリーズ名の最後に
ローマ数字が付け足されます。(絶対ではないですが)

バッテリー容量および大きさは変わりませんが

PowerIQ 1.0→PowerIQ 2.0へ進化し
iPadなど多くの製品に高速充電が可能になりました。
タブレット使いとしては、嬉しい限りですね。

 

残り容量を示すのが、8段階のwheel式になっているので
見た目的ですぐに後継機の方だ!と判断できます。

iPadの完成系と言われているiPad Pro等タブレット端末の需要も伸びてきているので
PowerIQ 2.0を搭載した、この新型(PowerCore Ⅱ100000)も
人気が出るのが予想されます。
(旧型のPowerCore 10000と比べると、
値段的には1000円弱しか、変わらないですし)

今後を見通して、
タブレット使う可能性がある人は
このPowerCore Ⅱ 10000ですね。

 

圧倒的な薄さ。一番オススメ「PowerCore Lite 10000」

 

薄い。圧倒的に薄いっ!。

こちらの「PowerCore Lite」シリーズ

その厚みなんと1.2cm

画像だけ見ても、
USB ポートギリギリまで攻めていることがわかります。

現在発売しているモバイルバッテリーの中で

これが最もオススメです!

 

ただひとつ残念なのは、
PowerIQ 対応と言うこと….
なので、タブレット充電する場合は、あまりオススメできません。

 

ですが、スマホだけ充電で考えると
完成度が高すぎるこちらの製品。
お気に入りすぎて、別記事も書いてしまいました。

Anker Powercore Lite 10000
PowerCore Lite 10000が常に持ち運ぶべきコスパ最高のモバイルバッテリーだった! みなさん モバイルバッテリー使っていますか? もはや、持っていない人の方が 少なくなってきましたね。 そんなモバ...

人気のせいなのか、発売して間もないからか
あまりセール対象にならないのが悲しいところ。

薄さと軽さを最重視する人へ「PowerCore Slim 5000」

PowerCore lite 10000の1つ前の製品がこちら。

PowerCore Slim 5000です。

容量が5000mhAと少ないですが、
それでもiPhone1.5回分は充電可能です。

そして、PowerIQ1.0にも対応しています。

何より薄さ1cm。軽さは疑うことなく軽いです。
バッグの中で無くしてしまう事も。

ですが、さすがに5000mhA
容量不足と感じる人もいるかもしれないので
あまりオススメできません。

中途半端よりも、薄さに振り切っているので、
攻めの姿勢が垣間みえて、コンセプトとしては
私は好きですけどね。

 

薄さ+PowerIQ 2.0対応「PowerCore II Slim 10000」

PowerCore Slimの後継機が
PowerCore Ⅱ Slim 10000です。

厚み1.6cmと薄さのアドバンテージを生かしつつ

PowerIQ 2.0に対応、タブレットへの充電も問題なし。

 

さらに、バッテリー本体の急速充電も可能です。

外出の時に、モバイルバッテリーの充電が間に合っていない!
なんて時に、バッテリー本体も
急速充電に対応していると安心ですよね。

ちなみに、世代順としては、
PowerCore Slim5000
→PowerCore Ⅱ Slim 10000
→PowerCore Lite 10000

という流れです。
このPowerCore Ⅱ Slim10000は真ん中ですね。
(かなりややこしい…)

後継機であるPowerCore Liteには
PowerIQ 2.0は搭載していないため、

バッテリー容量10000mhA台でPowerIQ 2.0を入れると
本体が大きく重くなり、値段も上がるとの判断でしょうか。

個人的には正解の判断だと思います。

騙されるな!あまりオススメしない「PowerCore Speed 10000 QC」

 

こちらのPowerCore Speed10000QCは、

PowerCore10000PowerCoreの間の製品です。

 

PowerIQ1.0+QuickCharge3.0の機能が加わったのですが、

のちに、PowerCoreⅡでは
PowerIQ 2.0で上位互換をしているため、
後発のPowerCoreⅡで事足ります。

ぶっちゃけ、これを買うメリットはないです。

まとめ

10000mhA台のモバイルバッテリーのオススメ

それでは、うまく自分にあったモバイルバッテリーを
探してみてください!

モバイルバッテリー買う前に見るべきAnker製品まとめ
新しいモバイルバッテリーを買う前に見るべき!Anker製品・情報まとめ 重い、容量が少ない、見た目がかっこよくない、充電が遅い.... 今のモバイルバッテリーに少しでも不満がある方へ ベス...
Anker Powerdelivery QuickCharge PowerIQ
PowerIQとQuickChargeの違いとは?大人気Anker(アンカー)の技術まとめ モバイルバッテリーで最も売れているメーカー Anker(アンカー)には、当然売れるだけの理由があります。 デザインが抜群...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です