仮想通貨

Closslink(クロスリンク)のアイテムを、TOKENLINK(トークンリンク)のマーケットで売買する方法

 

今回は、Closslinkでアイテムを販売できるようになったということで
今までは派遣などを通してBTCを稼ぐことができていましたが

新たにアイテム売買により
TOKENLINKというマーケットでIOSTを稼ぐことができるようになったため
その方法を載せておきます。

以前、Closslinkで稼いだお金を
現金化する方法について書いた記事はこちら

closslink(クロスリンク )で稼いだお金をbitbank(ビットバンク)に送金する方法

IOSTアカウントの作成方法(sonata)

 

IOSTのアカウントとウォレットを作成していきます。

いろいろな方法がありますが、
今回は無料で作成することができるsonataを使って作成します。

今回使ったやり方は下記サイトを参考に作成していきました。

https://leshure.net/game/crosslink/how-to-create-an-iost-account-wallet

sonataにアクセスをし,注意書きを一通り読んでNEXT

sonataにアクセスすると
下記のような注意書きの文が出てくるので、さらっと読んでnext

要約すると、

無料でiostのアカウントとウォレット作るけど
管理は個人個人でちゃんとしてね。責任はとらないよ。
あと作るのも一回キリね。

といったところでしょうか。

sonataでSMS認証を行い、アカウントの発行

 

次に、SMS認証を求められるため、
自身の電話番号を入力します。

電話番号の先頭の0を消して+81を入力してください。

09012345678の場合は、
+819012345678 となります。

iostアカウント名を入力すると、作成完了

 

写真撮り忘れましたが、
次にiostアカウント名を
5桁以上11桁以内の半角英数で設定します。

ここで入力したiostアカウント名が
そのまま売買を行う際のアカウント名になるので
わかりやすい名前にしておいた方が良いかもしれません。

iostのアカウントを作成完了。アカウント名とプライベートキーを保存する

ここまででiostアカウントを作成完了です。
お疲れ様でした。

必ず、プライベートキーは
他人に見せることがないように厳重に保管してください。

またこの後のiWalletへの紐付け時に使用するため、
保存後もブラウザは閉じない方が良いです。

iWalletにIOSTアカウントを読み込む

 

ここで便利なChromeの拡張機能である「iWallet」を使用していきましょう。
(この拡張機能を使いたいため、必ずブラウザはChromeを使用してください。)

インストールは下記のChrome公式ウェブストアから行えます。

iWallet:chrome ウェブストア

拡張機能をインストールし終えたらピン留めすることで
このように見えるようになります。

iwalletのパスワードとiostのプライベートキーの入力

 

最初のページには、設定したいパスワードを。
次のページには、
先ほど入手したiostアカウントのプライベートキーを入力してください。

iWalletの設定が完了

 

submitを押すと
下記のようにiostアカウント名とプライベートキーが出力された後
もう一度iwalletを起動させると右図のように
自身のiostアカウント名を読み込んでいることが確認できます。

TOKENLINKの設定と、出品

 

ここまでくれば、下準備はほぼ終了です。
最後に売買を行うTOKENLINKでアカウントの設定を行いましょう。

TOKEN LINKはこちら

元に下記のページが開き、利用開始を押すと
マーケットの商品一覧ページへ遷移します。

TOKEN LINKでのアカウントの作成

 

アカウントの設定をこれから行いますが、
必ず、iWalletにログイン中のChromeで作業を行ってください。

アカウント設定のページに行くと、
iWalletにログイン中の場合、自動的にウォレットアドレスの部分に
iostのアカウント名が入力されています。

そのため入力するのは

  • アイコン画像(任意)
  • メールアドレス(必須)
  • プレイヤーID(必須)
  • 言語

の4つだけです。

プレイヤーIDは、Crosslinkのアプリを開き、
その他>プレイヤー情報で確認できます。

入力が終了すると、確認画面が出てきます。
一瞬、びっくりしますが、送る情報が出ているだけなのでConfirmしてください。

そうすると、情報が保存され、
アカウントページが以下のような空の状態になります。

Cross linkでアイテムをトークン化する

 

Cross linkでアイテムを売買するときは、
一度、アイテムをトークン化する必要があります。

アプリ内アイテム→トークン化→トークンを売買

といった形になるため、まずアプリ内で
アイテムをトークン化する必要があります。

トークン化するためには、現状
コンバートパスというゲーム内アイテムが必要(ダイヤで購入)なため
注意してください。

アプリ内で
その他>トークンメニュー
からトークン化を選択

トークン化するアイテム(売買するアイテム)を選択

 

売買したいアイテムを、トークン化していきましょう。
下のトークン化するの部分にも、
コンバージョンパスの所持枚数が記載されてますね。

トークン化が成功すると下記のようなページになり
iostアカウントに対して送られたことがわかります。

 

トークン化されたか確認

 

トークン化されたものは自動で
自分のアカウントページで確認することができます。
トークンを押すと、売却ページに飛び価格の設定を行います。

トークン化したアイテムの価格設定

 

売却ページでは

  • 価格
  • 通貨
  • 売却期間

を選ぶことができます。

なお現時点では、選択できる通貨はIOSTのみ。
売却期間は、1,3,7,14,30日間から選ぶことができます。

 

最後に売るを選べば先ほどと同様に確認画面が表示され
終了になります。

出品完了

下記のように無事に出品されましたね!!
長らくお疲れ様でした。

[追記]メッセージを追加するとき

Lv90のアイテムなどを出す場合は、
初期値を書いておくと、どの程度のものなのか推測できるので
より売れやすくなります。

アカウント>商品ページ>メッセージから

メッセージを追記することができるため
ぜひ、初期値などを書いておきましょう。

(マーケットに出した後にメッセージを追加するのではなく、
登録時にメッセージを追加できる方法を知っている方いれば、教えてください。)

まとめ

今回は、Closs link(クロスリンク)というアプリ内で得たアイテムを
売却する方法についてまとめました。

ざっくり流れを説明するなら

  1. sonataでiostのアカウントを無料で作成
  2. iWalletにiostのアカウントを読み取り
  3. Token Linkでアカウントの作成
  4. Closs linkで売買したいアイテムのトークン化
  5. Token Linkでアイテムの価格を決定し、出品

実際に出してみた感想としては、

  • 下準備はある程度かかる
  • 次回からはClosslinkでトークン化したのを売るだけなので楽
  • マーケットであるTokenlinkの機能があまりなく少し使いづらい

といったとこでしょうか。

とはいえ、自分も初めてNFT化されたアイテムを売買したりと
e-Sportsだけでなく、
暇つぶしのゲームで稼げる時代が本当にきているんだなぁ

と実感した出来事でした。
いやー面白いわ。

 

closslink(クロスリンク )で稼いだお金をbitbank(ビットバンク)に送金する方法

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です